睡鳩荘(すいきゅうそう)

睡鳩荘

フランス文学者:故朝吹登美子先生が幼少期から夏を過ごしていた軽井沢別荘: ヴォーリーズ建築「睡鳩荘」(歴史的建造物・昭和初期) 朝吹様ご所有地の売却依頼を当社が受け、睡鳩荘を残して欲しいという先生のご遺言を実現すべく努力し、有志の方々のご協力を得て移築先を確定し、建物を解体・移築して、軽井沢「タリアセン」に残すことが できたという思い出深い仕事です。

「睡鳩荘」は、美しい湖のほとりで見事に復元されました。
移築後の完成披露パーティーの直前に、すさまじい雷雨にみまわれた後、空が茜色に変わって実に幻想的な風景でした。

ご遺族の方々やヴォーリーズの研究をしている方、軽井沢ナショナルトラスト、その他ゆかりの方々とご招待を受けました。

 

睡鳩荘の写真

睡鳩荘は、一般の方に公開されています。軽井沢にお越しになる際は、ぜひご内覧下さい。
堀辰雄・有島武郎の別荘、野上弥生子書斎・ペイネ美術館・深沢紅子野の花美術館等もございます。